毛穴をしっかり開いて洗う

目立つニキビがストレス

高校生の頃、受験勉強のストレスや、不規則な生活でニキビがひどくなった時期がありました。

ニキビを治すために皮膚科に通って、塗り薬が処方されたんです。鏡を見ながら薬を塗っていたら他の部分の肌も気になってきて、まじまじと鏡を見つめたことがきっかけでした。

それまで、鏡で顔の細かいところまで見たことがなかったので、自分の毛穴の汚さに気付いていなかったんです。

ニキビは確かに気になるけれど、それよりも自分の鼻の毛穴はこんなに黒くて目立つものだったのか!?とその時初めて知り、ショックを受けました。

私の通う高校はメイク禁止だったので、隠すにも隠せなくてずっと恥ずかしい思いをしていたのを覚えています。

一旦気になるとひたすら気になり出してしまうもので、すごくストレスを感じてしまいました。

ナノケアのスチームを利用した毛穴ケア

私は毛穴をケアするのに、スチームを当てつつクレンジングオイルでマッサージをするようにしました。

スチームは、パナソニックのナノケアを使っています。

私のは温かいスチームがずっと出てくる機能と、冷たいスチームと温かいスチームが交互に出てくる機能がついています。

クレンジングをするとき温かいスチームを当てながらすることで、毛穴が開いて中の汚れが落ちやすくなると思ったからです。

また、クレンジングをした後に冷たいスチームと温かいスチームを交互に当てています。

冷たいスチームを当てることで、開いた毛穴の引き締め効果を狙っています。

せっかく毛穴の汚れを落としても、毛穴が開きっぱなしだと逆に目立ってしまうので、引き締めは大事だと思いました。

保湿をするのを忘れないで!

スチームを当てながらクレンジングで鼻のマッサージをすると、毛穴の角栓がポロポロと出てくるようになりました。

メイクをしているせいでしょうか、毎日やっても角栓はたくさん出てきました。

角栓がとれると、鼻を触ったときに感じていたざらつきがなくなったように感じました。

また、冷たいスチームの引き締め効果のお陰なのか、毛穴が以前よりも目立たなくなってきたように感じます。

メイクをするときに、以前はファンデーションを重ねないと鼻の黒いぶつぶつとした毛穴が隠れなかったのですが、最近ではサッとひと塗りしただけでも、だいぶ毛穴が見えなくなってきました。

ただ、クレンジングでのマッサージは肌に負担がかかるのか、少しカサつきが感じられるようになったので、保湿をきちんとすべきだと思っています。

ページのトップへ戻る / サイトマップ